« 高校聖夫婦 | Main | 彼女がおフランス人 »

友達の友達という遠い人

Orkutも人数が増えてくるとなんだかカードコレクションみたいだ。多少ランクづけができるようになったとは言え、友達かそうでないかということをYesとNoだけでばっさり切ってしまうことにはほとんど変わりがないわけで、記号化された奇妙な人間関係が展開されている。「オレこんなに友達いたっけ」状態。人によっては関係の薄さから言えば結婚式の二次会のメンツに近いものがある。いや、年賀状リストか?

そして友達の友達を探っていくと、なんとも言えない気まずさを感じてしまうことがある。その人より明らかに希薄な関係の人がリストに載っているのに、いろんな事情によってOrkut友達(オートモ?オルトモ?)になってくれと何とも言い出しにくい人たちの存在だ。コミュニティや共通の友達を通してお互い顔は見えているはずなので、このまま無視し続けるいうのもなんだか不自然だ。かといって自分を嫌っていて迷惑ということもあり得るだろう。実は向こうはそれほど気にしていなくてあっさり受け入れてくれるかも知れない。でも恐くてボタンが押せない。友達の友達はみな友達というのもなんとも無責任な言葉だなあ。

さて私はこういう人たちを友達に加えるのに挑戦するべきだろうか。

|

« 高校聖夫婦 | Main | 彼女がおフランス人 »

Comments

ども。かま田さんとこから来ました。
Orkutに登録してみて一番最初に感じたのはそれでした。こういう人間関係の機微をシステム化したOrkut日本版みたいなもの作れるだろうか?
[根回し]ボタンがあったりするの。

Posted by: アキヤマ | 2004.03.13 05:01 PM

あ、そういえばOrkutって日本語どうやって入力するんですか?

Posted by: アキヤマ | 2004.03.13 05:03 PM

[根回し]ボタン…。でもOrkutが日本人社会っぽくなったら紹介文とかすごいイヤだ。日本語になったら恥ずかしくてしょうがない。

日本語は数値参照で書けるんですけど(http://www.rickdom.com/archives/001240.html">Orkutで日本語を)、プロフィールのなか、フォーラムのメッセージタイトル、コミュニティの説明文等使える場所が限られているみたいです。

Posted by: バキオ | 2004.03.13 06:07 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 友達の友達という遠い人:

« 高校聖夫婦 | Main | 彼女がおフランス人 »